スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白石さん、ご存知ですか?

いま巷で話題になりつつある(なっている?)『生協の白石さん』、ご存知ですか?

shiraishisan

テレビで見て、おもしろそうだなぁ~と思っていたら、うちの大学の生協にも『10パーセントOFF』で売っていたので買ってみることに。
まぁ一応、私も生協の組合員ですからねwでも、よく買う時に組合証を忘れて値引いてもらえませんが(汗)

そんな大学生には身近な生協こと、生活共同組合。
そしてこの本は大学生協で広く採用されているシステムの1つの「ひとことカード」というものでのやりとりが載っているのです。
この「ひとことカード」とは、学生や教員の組合員が質問・意見、要望などを用紙に書き、その返答を書いたものを掲示板で発表される、といった組合員と販売員とを繋げるものとなっています。

それだけです。ソレがこの本の全てです。(まぁ、コラム的な文章も間にありますが)
なんだ、そんな内容なのか・・・。と思う無かれ。
その「白石さん」の回答が誠実であると共にそれは粋なもので、ユーモアにも溢れたものなのですよ。

帯にもあるような「牛を売って!」といった、ちょっと本気なの?ふざけてるんじゃないの?といった要望にも、白石さんはしっかり回答を下さいます。
お店に関する質問ではなく、日々の生活の相談や世間話的なものも、白石さんは時にはユーモアも交えて答えてくれるのです。
その回答を見ていると、なんだかホッと出来る笑いを生んでくれるのです。
このセンスは素晴らしいなぁ、と読んでいて感心させられるばかりでした。

もちろん私の大学にも「ひとことカード」が置いてあります。
ただ、いままであまり気に留めたこともなく見過ごしていましたが。こうしてこの本を読んだあとだと、無性に気になりだしましたw
私も今度、要望出してみようかなぁ。ほとんど100%掲載されるし。
そう考えると、これは絶対に読まれるラジオみたいな感覚なんでしょうね。
私の質問に対して、白石さんだったらどんな答えを出してくれるんだろう?といったドキドキ感、そして答えてもらったときの嬉しさ、そう来たかー!という刺激。
決してそれはこの「ひとことカード」を設置した目的とは一致しないのかもしれません。
でも、そんなものをギュッと詰め込んだのがこの本なのだと思います。
まぁでも本にもなったのはやはり白石さんの回答のセンスが光っていたというのが一番なのでしょうけど。
そしてたいていの質問は、お店の商品の紹介に結びつけるという技術に脱帽。
私もプロ野球チップス、買いたくなっちゃったなw

今回は東京農工大学の白石さんがピックアップされましたが、これからいろんな大学の「白石さん」が登場して話題になるんじゃないかなぁとか秘かに期待しております♪


さてそんな話題の白石さん。

11月11日(金)より開催される東京農工大学の学園祭で単行本発売記念ファンイベントとして
白石さんサイン会」が行なわれるそうです!い、行きたいw


詳しくは「がんばれ、生協の白石さん!」にて。
よしっ、明日は早速、うちの大学の「白石さん」を見に行かなきゃw
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。